転職サイトを利用するデメリット

応募から日程調整まですべて自分でしなければならない

転職サイトを利用するデメリットのひとつは、応募先探しから応募書類の作成、試験や面接の日程調整に至るまで、すべてを自分でしなければならないことです。転職サイトに掲載される企業は非常に多く、自分の希望を絞り込んでいくだけで疲れてしまうこともあります。
専門のカウンセラーがついてくれる転職エージェントでは、転職に関する相談を無料で受けることができます。さらには、希望に合った企業の紹介、面接の日程調整まで請け負ってくれますし、履歴書や職務経歴書の書き方、面接に関するアドバイスをもらうこともできます。
選考に通らなかった場合は、その理由も教えてくれますから次の応募に活かすことも可能です。転職サイトからの応募では落とされた理由がわからないので、気持ちがなえてしまうこともデメリットといえます。

非公開の求人を知ることができない

自分で仕事を探して応募する転職サイトの場合、基本的に掲載されているのは公開の求人です。ところが、求人には非公開のものも数多くあります。
例えば専門知識を必要とする職業、多くの人が希望する人気企業や人気職種の求人は非公開となっているケースが多いのです。ではこれらの情報がどこにあるのでしょうか。実は、転職エージェントが持っているのです。もしかしたら非公開求人の中に、自分の希望に合ったものがあるかもしれません。
転職サイトは不特定多数の人が見て応募できますから、なかなか選考通過できないことも多々あります。職業選択の幅を広くして、より自分に合った仕事を探したいと思う人にとって、転職サイトの利用はデメリットといってよいでしょう。

© Copyright Choosing A Suitable Job. All Rights Reserved.