転職エージェントを利用するデメリット

仕事選びの基準が担当者に左右されることがある

転職エージェントは、転職活動を有利に進めるうえで欠かせない存在として注目が集まっていますが、利用時にデメリットについても正しく理解をすることが大切です。例えば、転職の経験が少ない人であれば、転職エージェントの担当者の経歴や考え方などにより、給料や業務内容など、仕事選びの基準が左右されてしまうことがあります。また、相性の良い転職エージェントを見つけることができるまでに時間が掛かることもあり、初めから転職サイトや求人情報誌を使う方がスムーズに内定を得ることができるケースも珍しくありません。そのため、転職エージェントの利用を検討するにあたり、各業界で実績のあるところや、スタッフの人材育成がしっかりと行われているところを探してみると良いでしょう。

担当者とこまめに連絡を取る必要がある

転職エージェントを使って就活を進める場合には、担当者と電話やメールを使って選考の状況についてこまめに連絡を取り合うことが多いため、人によっては煩わしさを感じることがあります。また、エージェントによっては、志望企業が変わったり、採用試験をキャンセルしたりする際に、会社に直接出向かなければいけない場合もあり、途中でエージェントとの契約を打ち切る人も少なくありません。そこで、転職エージェントと良い関係を築くために、スマホやパソコンで好きなタイミングで連絡ができるところや、親身になって転職活動のフォローをしてくれるところを探してみましょう。その他、月々に紹介してくれる求人の数に注目をすることも大事です。

© Copyright Choosing A Suitable Job. All Rights Reserved.